沖縄ピュアドライについて

沖縄ピュアドライについてご紹介します。

沖縄ピュアドライとは?

年中暖かい気候を活かし、マンゴーやパイナップルなどトロピカルフルーツの生産量が日本一の沖縄県。 沖縄本島以外ではなかなか流通しない珍しいフルーツも数多くあります。そんな沖縄フルーツを本来の美味しさをそのままに、いつでも手軽に味わえるよう、“沖縄ピュアドライ”をつくりました。

原料のご紹介

沖縄完熟マンゴー

沖縄を代表する熱帯果実のマンゴー。濃厚な甘さとほどよい酸味が特徴です。マンゴー栽培は台湾から伝わったこともあり、沖縄は全国生産量一位をほこります。アーウィン、キーツなど種類も様々です。

収穫時期:6月〜9月
加工時期:7月〜8月

パイナップル

沖縄県はパイナップルの生産量が日本一です。輸入品がほとんどを占めるなか、 沖縄産は非常に貴重であり、生食ではなかなか手に入らないのが現状です。スナックパイン、ピーチパイン、ハワイ種など様々な品種が育てられています。

収穫時期:5月〜8月
加工時期:7月〜8月

タンカン

沖縄のタンカンは主に、名護市、国頭村、本部町など北部地域を中心に栽培されています。果汁が豊富で特にビタミンCを多く含んでいるので免疫力UPや美容にも優れたフルーツです。

収穫時期:12月〜2月
加工時期:1月〜2月

ドラゴンフルーツ

沖縄のタンカンは主に、名護市、国頭村、本部町など北部地域を中心に栽培されています。果汁が豊富で特にビタミンCを多く含んでいるので免疫力UPや美容にも優れたフルーツです。

収穫時期:12月〜2月
加工時期:1月〜2月

シークワーサー

沖縄のタンカンは主に、名護市、国頭村、本部町など北部地域を中心に栽培されています。果汁が豊富で特にビタミンCを多く含んでいるので免疫力UPや美容にも優れたフルーツです。

収穫時期:12月〜2月
加工時期:1月〜2月